■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■豊かさということ・・・。
2008/01/29 Tue未分類
更新停滞ブログ管理人のぺがこです。
こんばんは。

あんまり更新していないと、IDもパスワードも忘れてしまいます。
今夜は3回トライして開きました。


『英国では人口の10%が「富裕層」、豊かさは実感せず』
[ 2008-1-29 ロイター エキサイトニュース ]
 英国では人口のおよそ10分の1が「富裕層」に属しているものの、経済的に裕福であるとは自覚していないことが、保険会社ヒスコックスが行った調査で明らかになった。
 専門的な職業に就く1000人を対象にした調査によると、およそ250万世帯が国内平均収入3万3000ポンドの3倍に相当する8万8000ポンド(約1870万円)の収入を得ており、年に2度の海外旅行に加え、2万ポンド(約425万円)以上の可処分所得を持つ。
 ただ、彼らの9割は自分たちは裕福ではないと思っており、別荘や住宅のローン返済や子どもの教育費、生活の質を高める費用などをまかなうため、1世帯当たりおよそ15万ポンド(約3200万円)の収入が必要だと答えている。
 ヒスコックスの英国部門を統括するスティーブ・ランガン氏は、「裕福になるということは、堅実さや物の価値を失うことを意味しない」と述べた。

                    


この調査対象になったのは、都市部に住む大学卒でしょうね。
英国は青田買いの国、優秀な学生は就職活動などをせずに、卒業1年前に「うちの会社に来ませんか?」とお声がかかります。「就職を約束してくれれば、奨学金を出します」とオッファーがあるんです。日本のような大学進学率50%の国ではありませんから。
初任給も高いです。日本の2倍から3倍ですよ。

年に2度の海外旅行、ローン返済中のでも別荘や住宅を持て、さらに子どもに教育費をかけ、(つまり公立ではないということです。)生活の質を高める費用などをまかなう。こういうことの出来る人は、やっぱり豊かな人たちでしょ。
自覚がもてないのは、目下ローン返済中だったり、子供の教育費がかかるという時期の問題で、それが終われば、「裕福さ」を感じるのではないでしょうか。

ポンドを円換算すると、この金額は高収入だと感じますが、単に今のレイトがそうさせるだけですね。
実際、日本人でこの収入がある職業も限られます。この層が日本では10%あるのでしょうか。夫婦で働くならありですね。
その中で複数の教育費や住宅ローンを支払い、ここまでは普通でしょう。さらには別荘を持ち、年2回の海外旅行をする、というのは贅沢に入るのでしょうね。日本人なら「他よりは裕福だ」と感じると思いますよ。










スポンサーサイト
トラックバック(1)+ +コメント(0)
■■■更新停滞してると
2008/01/04 Fri未分類
広告が付いてしまうんですねぇ。
自分のブログじゃない気がしましたよ。

記事を書くと広告が消えるって書いてあるから、書いておきます。

なーんか変な感じ。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
HOME
プロフィール

ぺがこ

Author:ぺがこ
イヌ科ネコ族ブラピ様

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。