■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■ペンギンに「ウェットスーツ」特注
2008/04/26 Satカフェ女王様ペンギン
ペンギンニュースをみつけました。
こんばんは、久々に営業モードのぺがこです。「カフェ女王様ぺんぎん」へようこそ。

『毛が抜けて泳げないペンギンに「ウェットスーツ」特注』[2008-4-25 CNN]
サンフランシスコ(AP) 毛が抜けてしまい、体温保持もままならず、水中で泳ぐことが難しくなったケープペンギンに、カリフォルニア・アカデミー・オブ・サイエンスが「ウェットスーツ」を特注した。ウェットスーツを着用したオスのピエール(25歳)は、体重も増えて毛も生え始め、元気に過ごしているという。
海で生活するほ乳類は、分厚い脂肪層を持つことが多いが、ペンギンは水を弾く羽毛で体温を維持している。そのため、毛が抜けてピンク色の地肌が見えてしまったピエールは、水に潜れないだけではなく、姿が違うためにほかの仲間から敬遠されている状態だった。
そこで、ピエールを担当する同アカデミーのパム・シャラーさんが、一計を案じた。
最初はピエールを温めるため、電球などを使ってみた。しかし、あるときふと、「人間は水に潜るときに、ウェットスーツを使う。だったら、ペンギンにも使えるんじゃないか?」と思いつき、ダイビング用品を扱うオセアニック・ワールドワイドに相談。
すると、同社のマーケティング担当テオ・テーテルさんが、「ペンギンは大体、20歳くらいまでしか生きないと聞いている。ところがピエールは、25歳だっていうじゃないか。ピエール専用のウェットスーツというアイデア、とてもおもしろいと思う」と、快く引き受けた。
シャラーさんは同社と何度も相談。試作を重ねてピエール専用のウェットスーツを作り上げた。
ウェットスーツを着せることで、仲間のペンギンがピエールを拒絶する恐れもあった。しかし、ほかのペンギンはウェットスーツを着たピエールを受け入れ、仲良く一緒に泳いだという。
ピエールがウェットスーツを着るようになって約6週間が過ぎ、ピエールは健康を回復。体重も増え、毛も生え始めた。シャラーさんは、ウェットスーツのおかげで毛が生え始めたのかどうか不明だとしながらも、ウェットスーツでピエールが快適に生活できるようになったことを喜んでいる。

ウェットスーツを着用したピエールくんはこちらから

       


ケープペンギンはフンボルトペンギン属で、アフリカペンギン、ジャッカスペンギン、足黒ペンギとも呼ばれ、名前の通り、アフリカ南部の沿岸に生息しています。
ペンギンも他の動物と同じように熟睡することはなく、浅い眠りを繰り返えします。寝方は、地面に巣穴を掘る種類のペンギンはお腹を地面につけて眠り、地上に巣を作るペンギンは足を曲げて座って眠ります。
体長や巣作りは違っても、お腹が白で背中が黒というのがペンギンの特徴です。この色はペンギンの餌である魚の感覚を狂わせるからというのが有力です。

ペンギン占い
スポンサーサイト
トラックバック(1)+ +コメント(0)
■■■豊かさということ・・・。
2008/01/29 Tue未分類
更新停滞ブログ管理人のぺがこです。
こんばんは。

あんまり更新していないと、IDもパスワードも忘れてしまいます。
今夜は3回トライして開きました。


『英国では人口の10%が「富裕層」、豊かさは実感せず』
[ 2008-1-29 ロイター エキサイトニュース ]
 英国では人口のおよそ10分の1が「富裕層」に属しているものの、経済的に裕福であるとは自覚していないことが、保険会社ヒスコックスが行った調査で明らかになった。
 専門的な職業に就く1000人を対象にした調査によると、およそ250万世帯が国内平均収入3万3000ポンドの3倍に相当する8万8000ポンド(約1870万円)の収入を得ており、年に2度の海外旅行に加え、2万ポンド(約425万円)以上の可処分所得を持つ。
 ただ、彼らの9割は自分たちは裕福ではないと思っており、別荘や住宅のローン返済や子どもの教育費、生活の質を高める費用などをまかなうため、1世帯当たりおよそ15万ポンド(約3200万円)の収入が必要だと答えている。
 ヒスコックスの英国部門を統括するスティーブ・ランガン氏は、「裕福になるということは、堅実さや物の価値を失うことを意味しない」と述べた。

                    


この調査対象になったのは、都市部に住む大学卒でしょうね。
英国は青田買いの国、優秀な学生は就職活動などをせずに、卒業1年前に「うちの会社に来ませんか?」とお声がかかります。「就職を約束してくれれば、奨学金を出します」とオッファーがあるんです。日本のような大学進学率50%の国ではありませんから。
初任給も高いです。日本の2倍から3倍ですよ。

年に2度の海外旅行、ローン返済中のでも別荘や住宅を持て、さらに子どもに教育費をかけ、(つまり公立ではないということです。)生活の質を高める費用などをまかなう。こういうことの出来る人は、やっぱり豊かな人たちでしょ。
自覚がもてないのは、目下ローン返済中だったり、子供の教育費がかかるという時期の問題で、それが終われば、「裕福さ」を感じるのではないでしょうか。

ポンドを円換算すると、この金額は高収入だと感じますが、単に今のレイトがそうさせるだけですね。
実際、日本人でこの収入がある職業も限られます。この層が日本では10%あるのでしょうか。夫婦で働くならありですね。
その中で複数の教育費や住宅ローンを支払い、ここまでは普通でしょう。さらには別荘を持ち、年2回の海外旅行をする、というのは贅沢に入るのでしょうね。日本人なら「他よりは裕福だ」と感じると思いますよ。










トラックバック(1)+ +コメント(0)
HOME NEXT
プロフィール

ぺがこ

Author:ぺがこ
イヌ科ネコ族ブラピ様

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。